表書の心得

御霊前 ごれいぜん
仏式・神式・キリスト教式
霊前に金品を供えるときに用います。仏式の葬儀では通常「御香典」「御香料」を使います。
御霊前(旧字体) ごれいぜん
仏式・神式・キリスト教式
「御霊前」の旧字体。威儀を正す意味で旧字体を用いることがあります。
御香典 ごこうでん・おこうでん
仏式
死者の霊前に香のかわりに供える金包みに使います。
御香奠 ごこうでん・おこうでん
仏式
「御香典」と同じ意味。正式にはこちらの文字を使います。
御香料 ごこうりょう
仏式
「御香典」と同様に香のかわりに 供える金包みに用います。他に「御香華料」=おこうげりょう
御弔料 おとむらいりょう
仏式
会社(団体)関係の葬儀に、会社(団体)名で弔慰金などを包むときに用います。
御悔 おくやみ
仏式
死者を弔う意で、通夜などの霊前に供える金包みに用います。
御供 おそなえ
仏式
葬儀の霊前に花や果物などを供えるときに用います。一般法要などにも使います。
御神前 ごしんぜん
神式
弔事のほか、神の霊に供える意味で一般神事にも用います。他に「供神前」「幣料」。
御玉串料 おんたまぐしりょう
神式
死者の霊前にささげる金包みのほか、一般的な神事でも用います。
御花料 おはなりょう
キリスト教式
キリスト教の弔事の金包みで、カトリック、プロテスタントとも一般的に用いる。他に「御花輪(環)料」「御白花料」「弔慰料」。
御弥撤料 おみさりょう
キリスト教式
カトリックの弔事で、お金を供えるときに用いる。「御ミサ料」と書くこともある。
御偲料 おんしのびりょう
キリスト教式
死者の霊をしのぶ意味を込めて品物を供えるときに用いる。